プロが探す不倫の証拠

不倫は夫婦の離婚手続きや不倫相手への慰謝料の請求などを裁判のような法的手段で解決することも珍しくありません。しかし、裁判などで通用する不倫の証拠は、素人の集めたものでは認められないことも多いようです。例えば、携帯電話の通話記録、やり取りしたメール、写真などやホテルなどのレシート、ポイントカードのようなものでは裁判等での不倫の証拠としては認められないそうです。
探偵などのプロの人たちに調査、収集する不倫の証拠は、最低でも3回程度の密会しているホテルなどの出入り時の写真、ビデオやその時の詳細な行動記録など念のいったものになるそうです。また、不倫相手の特定も住所、氏名、職業などを知ることは、不倫相手に慰謝料などの請求をする時には必要になりますが、こうしたプロの人たちはそれらの情報を合法的に調べる術を持っていますので逆告訴などの心配がありません。
プロを雇う時の費用の面が気になりますが、大方の目安で一日あたり10万円前後が相場のようです。不倫などの調査は、相手が余程慎重に不倫を行なっている時以外では、1件、2、3日といった日数で済むことが多いですから20万円から30万円位が目安となるようです。


不倫の証拠を探す場合には、不倫をしている人のレベルによって簡単な場合もあればかなり難しいこともあります。比較的簡単なのは、不倫をしている時間帯が会社の勤務後や休日などわかりやすい時間帯で場所もある程度特定できるような不倫初心者の場合です。このような時には、相手も迂闊なことが多いですから携帯電話の通話記録やメールを盗み見たりポケットの中のレーシートなどから比較的簡単に不倫の証拠が探せ出せるでしょう。
少し念が行ってくる人の場合には、連絡にも携帯電話を使わなかったり、不定期に不倫をしたり、移動にも車を使わずに人に見られにくい地下鉄、タクシーなどを利用するなど簡単に証拠を探せないように行動するそうです。また、外出する理由も会社の接待ゴルフなどというような思わす納得してしまいそうなことを言うことが多いようです。このような場合には、一人の素人では不倫の証拠を探すのは難しいですから、調査のプロに任せるのが良いでしょう。
初めてプロに任せる時には、電話相談から始めて、いろいろ話をしている中で納得できる業者が見つかったら調査依頼をするという手順をとるのが一般的なやり方だそうです。


旦那の浮気の調査は民間の探偵に依頼するのが一般的です。しかし、日本では探偵業というものは、特段の資格などを必要とされない業種で言うなれば誰でも探偵を名乗れるそうです。現在では、探偵業法という法律が出来ていますので、届出が必要になっていますが、法律が出来る以前の探偵業は悪徳業者がはびこっていてトラブルが起きることも珍しくなかったと言います。現在では法律の制定のおかげで悪徳業者も少なくなったと言われていますが、それでもちゃんとした調査をせずに料金だけ受け取るような業者もいるそうです。このような事情ですから探偵に旦那の浮気調査を依頼するときには、誠実な業者を探してからにします。
どこの業者が良いかは住んでいるところにもよりますが、全国展開している探偵事務所が誰にでも使いやすいのではないでしょうか。このような業者に原一探偵事務所がありますが、マスコミなどで有名ですから名前を知っている人も多いと思います。旦那の浮気の調査依頼をするのでしたらこの業者の無料電話相談から入っていかれたらいかがかと思います。


ニセ探偵の浮気調査詐欺に要注意!

〜詐欺の手口〜

浮気調査 詐欺マンガ1


浮気調査 詐欺マンガ2

どの探偵社に相談すればいいの?

詐欺まがいのニセ探偵社を避けるには、大手の探偵社を選ぶのが無難です。
大手探偵事務所・興信所といえば、

  • 原一探偵事務所
  • MRレディース相談室
  • HAL探偵社
などがありますが、顧客対応・調査力・実績など総合的に判断すると、原一探偵事務所がおすすめです。
ただし、料金は安くありません。

※1日あたり8万〜の、8万円で済むのはかなり簡単な調査に限られます。一般的な調査では20万/1日はかかると考えた方がよいです。その分、調査成功率が高く、短期間で済むことでトータル安くなるケースもあります。


実績・調査力はダントツNo.1なので、原一は必ず候補に入れましょう。

原一探偵事務所の詳細はこちら